fc2ブログ

私の空は暗い。
どこまでも広がる闇に星の瞬きひとつなく。
私が死のうと思うのは、そんな空を見飽きたから。
生まれ変わればこの空は青く晴れ渡るのかと淡い期待をする。
空の色なんて、わざわざ死ななくたって死ぬ気になれば変えられる気もする。
真っ青にはならなくても、月が光を運んでくれるようになれば良いと思う。
ただそれだけの事なのに、それはとても難しい。
死ぬ気になる事よりは死んでしまう方が楽なんだ。

陽が昇る。
それは家族であったり友達であったりする。
その時ばかりは私の空にも光が舞い込んで、白く輝いたりする。
それを見ていると私は無性に死にたくなる。
だっていつかこの光を失うのが怖いんだ。
この光は私の光ではない。それは他の誰かの光だ。
その人は永遠に私の傍にいてくれる?
そんなことある筈がない。

私は空が暗くても明るくても死を願う。
死を願いながら生きる。
そういう生き方しか知らないんだ。
死に手を伸ばしながら生きて、掴みきれないそれに憧れて。

空は暗い。暗くて暗くて何も見えない。
陽が昇る。明るくて明るくて何も見えない。
死んだら何かが見えるようになるのかというと、そんなこともないんだろう。
闇に怯えて、光を失うことに怯えて、死を願う。
死んだら何も怖くなくなるのかというと、そんなこともないんだろう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ハル

Author:ハル

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
---------------------
カテゴリ別オンライン小説
ランキング

---------------------
文芸webサーチ
---------------------